翻訳と校正の例 > 「特性がある」

原文 (original)

耳には周波数に対して特性があります。

訳文 (translation)

The ear has special characteristics for detecting changes in frequency.

校正 (edit)

問題点

和文は、周波数の「変化」については、何も記述されていません。「特性がある」ということは、「特性が平坦でない」ということを意味します。また、ここでの「特性」の適訳は、「response」です。
The Japanese does not mention anything about the changes in frequency. The phrase “特性がある” essentially means that the response is not flat. The word “response” is a better word choice than “characteristics” in this context.

訂正 (correction)

The human ear has a non-flat frequency response.
OR
The human ear’s frequency response is not flat.

翻訳と校正の例 > 「もちろん」

日本語が母国語でない人が誤解する可能性がある例文です。
This is an example of a sentence that may be misinterpreted by a non-native Japanese speaker.

原文 (original)

電力効率は、装置の電圧出力性能はもちろん電流出力性能が大きく影響します。

訳文 (translation)

With respect to power efficiency, the device’s voltage output capabilities are of course greatly influenced by its current output capabilities.

校正 (edit)

問題点

和文を書き換えると、次のようになります。
The original Japanese could be rewritten in the following ways.

電力効率は、装置の電圧出力性能はもちろんのこと、電流出力性能が大きく影響します。
OR
電力効率は、装置の電圧出力性能はもちろんですが、電流出力性能が大きく影響します。

訂正 (correction)

Power efficiency is not only greatly influenced by the device’s voltage output capabilities but also by its current output capabilities.

コメント (comment)

では、日本語が母国語の人は、「The device’s voltage output capabilities are of course greatly influenced by its current output capabilities」は、どのように表現するでしょうか。こんな感じでしょうか。
Then, how would a native Japanese speaker write “The device’s voltage output capabilities are of course greatly influenced by its current output capabilities”? Probably something like these.

装置の電圧出力性能は、当然ながら電流出力性能に大きく影響されます。
OR
装置の電圧出力性能は、当然電流出力性能に大きく影響を受けます。

2011/10/29追記
上記は、日本語が母国語の人が「もちろん」を使って書くこともあると思います。
読点を使うと明確になると思うので、和文執筆者がそうしてくれるとありがたいですね。

装置の電圧出力性能は、もちろん電流出力性能が大きく影響します。
電力効率は、装置の電圧出力性能はもちろん、電流出力性能が大きく影響します。