Trados 2011で、分節規則にタブ文字を追加する

Trados 2011で標準で作成される翻訳メモリの分節規則には、タブ文字が入っていない。
この記事では、タブ文字を追加する方法を解説する。

  1. 対象翻訳メモリを右クリックし、「設定」をクリックする。
  2. 「言語リソース」を選択し、「分節規則」をダブルクリックする。
  3. 「追加」をクリックする。
  4. 「説明」に適当な名前を入れ、「分節の前」を「任意」に設定し、「終了文字」を「タブ」に設定し、「分節の後」を「任意」に設定する。
  5. 「OK」を何度かクリックして、設定完了。

 

deselectそれともunselect

選択を解除する(動詞)を、deselectとすべきかunselectとすべきか確認したところ、Merriam Websterには、deselectは登録されているが、unselectは登録されていないことが分かりました。形容詞 unselected は登録があります。

なお、Microsoft Manual of Style 4th Edition では、以下のように書かれています。

deselect
Do not use. In general, use cancel the selection. For check boxes, use clear.

unselectについては、記述がありません。

Microsoft Manual of Style 4th Edition

今更お恥ずかしいのですが、Microsoft Manual of Style 4th Editionが出ていますね。早速購入しました。前回と違って、電子版(CD-ROM)がないのが残念です。後、表組みの文字がやたらと小さいですね。毎日パソコンで目を駆使している翻訳者にとっては、この文字の小ささはやや不快に感じます。

PDFのサンプラーが入手可能と聞いていますが、正式な物かどうかは不明です。

英文チェック例001

今日は、私の無料英文チェックコーナーからお問合せをいただいた訳文を添削する様子をビデオで紹介したいと思います。

 

チェックボックス

Microsoft Manual of Style (MMS) Third Editionより

一般のWindowsアプリの和文解説では、「チェックボックスをチェックする」という表現が頻繁に使われますが、MMSには、チェックボックスの操作に関して「check」という言葉を動詞としては使わないという規則があります。

「チェックボックスをチェックする」は、「select the check box」と翻訳します。
「チェックボックスを解除する」は、「clear the check box」と翻訳します。

 

翻訳と校正の例 > 「ので」

原文 (original)

個々の操作はタッチパネルにて操作出来ますので、タッチパネル操作説明部を参照して下さい。

訳文 (translation)

You can use the touch panel to perform each operation, so see the explanation of the touch panel operations.

校正 (edit)

問題点

和文もそうなのですが、文の前半と後半には因果関係はありません。したがって、因果関係があるかのように書くべきではありません。
There is no causal relationship between the front half and the second half of the original sentence. So you shouldn’t write it as though there is.

訂正 (correction)

You can use the touch panel to perform each operation. See the explanation of the touch panel operations.
OR
You can use the touch panel to perform each operation. For details, see the explanation of the touch panel operations.